タグ別アーカイブ: オルフェーヴル

競馬界の伝説名馬-オルフェーヴル-

競馬界の伝説名馬-オルフェーヴルとは-

オルフェーヴルはステイゴールドとオリエンタルアートの子供で、2010年の新馬戦デビューから2013年の有馬記念まで競走を続けていました。引退レースである有馬記念でも優勝を果たしています。
オルフェーヴルの馬主はサンデーレーシングで、池江泰寿調教師が管理していました。

競馬界の伝説名馬-オルフェーヴルの活躍-

オルフェーヴルの通算成績は21戦12勝です。3歳クラシックの3冠馬であり、歴代の競走馬の中でも高い成績を残した名馬として有名です。
クラシック競走が始まるまでは、強い馬の1頭として名前はあがっていたものの京王杯2歳ステークスなどの大敗のイメージもあり、シンザン記念やきさらぎ賞でも勝利を得ることはできていませんでした。

そのため、最強馬としての印象はまだありませんでした。クラシック競走が始まると一転して強さを見せ、全てのクラシック競走を危なげなく勝利しています。古馬との初対戦となる同年の有馬記念でも強さを見せ、優勝しています。
オルフェーヴルはその後も戦歴を重ね、有馬記念や宝塚記念を制覇するなどの経歴も残しています。

騎乗しているジョッキーを振り落としたり、レース中に逸走するなど破天荒な一面も見せ競馬予想の上では難しい存在でもあります。思わぬ大敗もありますが、まともに走った場合には他を寄せ付けない強いレースをすることで多くのファンを獲得している馬でもあります。
主戦は池添謙一騎手で、海外のレース以外は全て彼が騎乗しています。

オルフェーヴルの競走成績は、新馬戦の勝利を初めとしてG1競走も6勝と言う成績です。また2年続けて凱旋門賞に挑戦したことも有名であり、どちらもフォワ賞を前哨戦として勝利し、凱旋門賞は2戦とも2着と好成績を残しています。